日頃の食事&糖尿病患者の食事を比較してみよう

レディー

おいしいと評判です

ダンボール

栄養価に様々な配慮を凝らさなければならないのが腎臓病食ですが、そんな腎臓病食を宅配してくれるサービスがあります。基本的なカロリーやたんぱく質、脂質に塩分などの栄養バランスを腎臓病の方向けに調整してあるので、どなたでも安心して食べることが出来ます。

もっと読む

療法食は通信販売で

シニア男性

糖尿病食の通販は調理済の食事が手に入るので、食事作りの負担が減ります。しかもこの食事は管理栄養士がカロリーや味付けを監修しているので、糖尿病の患者でも安心して食べることが可能です。しかもこの食事は調理が簡単なうえ長期保存ができるので、便利な保存食としても利用できます。

もっと読む

食事で重篤な病気を防ぐ

和食

高血圧は食事療法により根本的な解決ができます。食事療法は塩分を控えること、腹八分が必要です。体は慣れるので徐々に行えば難しくなく行えるようになります。効果が高い食べ物は野菜、乳酸品などでありますが、食べ過ぎることで中性脂肪が過剰摂取になるので、注意することが大切です。

もっと読む

食べ過ぎないように

ご飯

適量の果物は食べられます

糖尿病は、生活習慣を見直すことも大切です。食事に気を付けていても、それ以外のことで病気が悪化してしまうこともあるからです。特に、間食には注意が必要です。お菓子やジュースなどは控えるようにしますが、果物であれば口にすることができます。ただし、1日に必要なエネルギー量の範囲内におさまるようにできる場合のみです。果物であっても糖質が多く含まれているため、食べ過ぎてしまうとエネルギー量がオーバーしてしまいます。口さみしいときには、低カロリーのものを食べると気がまぎれます。ノンカロリーのガムをかんだり、昆布をしゃぶったりして口を動かすと、唾液が出て空腹感が弱まります。また、夏であれば氷を口に入れることでも多少落ち着きます。

バランスを考えます

糖尿病の食事をつくるときには、栄養のバランスを考えて工夫するようにします。糖尿病だからといってエネルギー量を制限するだけではなく、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維なども十分摂れるようにします。バランスのとれた食事は、糖尿病を改善するとともに、健康な体作りに役立ちます。食事は1週間分をまとめて考えておくと良いです。お腹がすいた状態で食事を考えてつくるよりも、自分に必要な量を冷静に判断できるからです。これは、空腹のときに買い物をすると、必要以上に食材を買い込んでしまうのと同じように、たくさん作りすぎてしまうことがあるからです。そして何より、1週間を通して栄養のバランスを考えれば良いため、細かい栄養計算をする必要がありません。